【良い睡眠とは?分かりやすく解説します!!】

query_builder 2021/12/18
ブログ

今年も残すところ後2週間を切りましたね。

体の疲れや不調は来年に持ち越したくないですよね。

そこで今回は、体調管理には欠かせない【睡眠】についてお話していきたいと思います。

 

1. 現在の【睡眠】の状態は?

2. 質の良い【睡眠】を取るには?

3. 当院からの提案

4. まとめ

 

1.       現在の【睡眠】の状態は?

まずは今の【睡眠】の状態をチェックしてみましょう。

・布団に入ってから眠りにつくまで30分以上かかる

・夜中に何度か目が覚めてしまう

・起床時間よりも大幅に早く起きてしまう

・眠りが浅い

上記にひとつでも当てはまる方は、【睡眠】に問題があるかもしれません。

それ以外にも

・睡眠時間は十分確保しているのに疲れが取れない

・十分寝ているはずなのに寝足りない

など、睡眠時間はしっかりとれているのに物足りなく感じている場合は【睡眠】の質に問題が隠れている場合があります。

 

2.質の良い【睡眠】を取るには?

入眠前に行うとよいとされていることは様々あります。

例えば、夕食は寝る2時間前には済ませましょう・湯船は40℃くらいのぬるま湯で15分~20分程ゆっくり浸かり寝る1時間程前に済ませましょう・スマートフォンなどのブルーライトは寝る前に使用しないようにしましょう…など、いろいろな情報を耳にした事があるかと思います。

そこで今回は、当院が推奨する方法をご提案します。

 

3.当院からの提案

来院のきっかけは体の痛みなどの症状ですが、話を聞いてみると【睡眠】について悩みを抱えていられる患者さんは多くいらっしゃいます。

そんな患者さんから「施術を受けた日の夜はよく眠れた」というご報告を頂く事が多々あります。

 腰や膝の施術を行った患者さんよりも首・肩の施術を行った患者さんからご報告を頂くことの方が多いです。

 このことから不眠・寝つきが悪い・眠りが浅いなどの症状は首や肩を中心とした筋肉の硬さが影響していると推察されます。

 そこで当院では、【睡眠】にお悩みの患者さんに対して寝る前に首・肩・目を温めてストレッチをするように提案しています。

 首~肩の筋肉が緩むことで寝つきが良くなり、眠りも深くなります。

患者さんの中には枕が合わないと感じていたものの、首~肩の筋肉を緩めてから寝るようにしたらあまり気にならなくなったという方もいらっしゃいました。

また、寝つきだけではなく寝起きの状態も良くなったというご報告も頂いています。

 

4.まとめ

 人は生きている間で3分の14分の1は寝ていると言われています。

 【睡眠】は健康な心と体を保つために必要不可欠なものです。

 まずは上記のセルフケアを試してみてください。

 セルフケアでは効果を感じられなかったり、もっとしっかりケアをしたい方には『頭部集中マッサージ』という保険診療では扱えない【睡眠】に関するお悩みに対しての施術メニューもあります。興味のある方はお気軽にご相談ください。

この機会に質の良い【睡眠】について意識してみませんか?

NEW

  • ”空きやすい時間帯“のお知らせを更新しました!

    query_builder 2022/09/24
  • ”空きやすい時間帯“のお知らせを更新しました!

    query_builder 2022/09/14
  • 【9月の休診日のお知らせ!】

    query_builder 2022/09/13
  • ”空きやすい時間帯“のお知らせを更新しました!

    query_builder 2022/08/31
  • ”空きやすい時間帯“のお知らせを更新しました!

    query_builder 2022/08/18

CATEGORY

ARCHIVE